FANDOM


テンプレート:基礎情報 会社 株式会社エニックスENIX Corporation)は、かつて存在したゲームソフトウェア販売会社、出版社2003年平成15年)4月1日ゲームソフトウェア開発販売会社であるスクウェアを吸収合併し、スクウェア・エニックスとなった。

概要 編集

1975年(昭和50年)9月22日福嶋康博が住宅情報誌等を発行する出版社、株式会社営団社募集サービスセンターを設立。その子会社としてソフトウェア制作会社、エニックスを設立。『ドラゴンクエストシリーズ』を発売して成功し、以後家庭用ゲーム機向けのソフトメーカーとして名を馳せた。パソコン向けにもゲームを発売している。

2003年(平成15年)4月1日付けで、スクウェアと合併しスクウェア・エニックスとなった。

社名の由来は世界初の汎用デジタルコンピュータと言われている「ENIAC(エニアック)」と不死鳥「PHOENIX」を足したものである。

沿革 編集

  • 1975年9月 - 株式会社営団社募集サービスセンター設立。
  • 1980年2月 - 株式会社営団社不動産を設立。後に株式会社営団社システムに商号変更。
  • 1982年8月 - 株式会社営団社システムの商号を株式会社エニックスに変更。
  • 1983年10月 - 小西六写真工業(現コニカミノルタホールディングス)との合弁により株式会社小西六エニックスを設立。
  • 1987年10月 - 株式会社小西六エニックスの商号をコニカエニックス株式会社に変更。
  • 1988年3月 - 出版物、キャラクター商品販売の子会社としてエニックスプロダクツ株式会社設立。
  • 1989年1月 - コニカエニックスを100%子会社化。
  • 1989年4月 - エニックス、コニカエニックス、エニックスプロダクツを営団社募集サービスセンターに吸収合併し、商号を株式会社エニックスに変更。営団社募集サービスセンターは休眠状態であり、旧エニックスが実質的な存続会社となる。
  • 1991年2月 - 株式店頭公開。
  • 1996年8月 - 東京都渋谷区代々木四丁目31番8号に本社ビル(現スクウェア・エニックス初台ビル)を建設。
  • 1999年8月 - 東京証券取引所一部上場。
  • 2003年4月 - 株式会社エニックスと株式会社スクウェアが対等合併し、商号を株式会社スクウェア・エニックスに変更。存続会社は株式会社エニックス。

優秀なクリエイターの発掘 編集

1982年に実施した第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストで、自社開発が主流だった日本のゲームソフト業界に新しい風を持ち込んだ。賞金総額300万円(最優秀賞100万円)を用意したこのイベントには後のゲーム界を担う人材が参加している。

最優秀プログラム賞は森田和郎の『森田のバトルフィールド』、優秀プログラム賞の2人のうち一人は『ドアドア』で入賞した中村光一。入選プログラム賞の中に『ラブマッチテニス』で受賞した堀井雄二の名前もあった。コンテスト受賞作から前記3作の他『マリちゃん危機一髪』『宇宙の戦士』など当時のヒット作が続々生まれている。

この後エニックスは、ファミコンに参入し、『ドラゴンクエスト』のヒットでゲーム企業として地位を固め、『ドラゴンクエスト』シリーズをドル箱ゲームシリーズとして発展していった。 エニックス社内には、ドラクエシリーズ専門の部署である『ドラクエ課』(現・スクウェア・エニックス 第9開発事業部)が存在した。

なお、ドラクエ関連の情報解禁は週刊少年ジャンプやその関連雑誌から行われ、第一報は集英社が独占的に掲載している。エニックス発行の雑誌で解禁されるのはかなり後になってからである。 これに関連して、ゲーム部門と出版部門の仲が悪いと言われており、そのためかエニックスで出版された漫画作品が、子会社や関連会社でもない完全な競合他社でゲーム化されるといったことも起きている。

エニックスは自社にプログラマを持たず、外部への委託開発を行うゲームパブリッシャーの立場となっていた。現スクウェア・エニックスにおいても、旧エニックス系の流れを汲むゲームシリーズの開発においては、現在も外部への委託となっている。旧エニックス時代の主な開発担当はチュンソフトトライエースクインテット等が挙げられる。

エニックスお家騒動 編集

詳細はエニックスお家騒動を参照

ゲーム 編集

パーソナルコンピュータ用ソフト 編集

ファミリーコンピュータ用ソフト 編集

スーパーファミコン用ソフト 編集

ゲームボーイ用ソフト 編集

NINTENDO64用ソフト 編集

セガサターン用ソフト 編集

プレイステーション用ソフト 編集

プレイステーション2用ソフト 編集

ゲームボーイアドバンス用ソフト 編集

周辺機器 編集

漫画雑誌 編集

その他 編集

1998年漫画家声優などの新人発掘を目指し「エニックスアニメ大賞」というオーディションを開催した。野川さくら今井麻美早水リサ榊原ゆいなどが声優部門の主な受賞者である。

関連項目 編集

fi:Enix fr:Enix (maison d'édition) it:Enix th:เอนิกซ์ zh:艾尼克斯

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。